FC2ブログ

【高段位を目指そう その1】

ここでいう高段位とは、一般的に難関とされる七段~十段です。
とりあえず管理人は十段底辺ですので←←

攻略というか自分の経験を生かしたアドバイス的な感じでとらえていただけるとありがたいです。

1・プレイサイドの選び方について。

デラは1Pと2Pでスクラッチ(通称・皿)の位置が違います。
ぶっちゃけ、プレイサイドは自分の好きな方でおkです。
いわゆるトプランと呼ばれる方々は右皿の人が多い印象もありますけど、そこは気にしない方向で。

俺の場合、兄が左皿だったので右皿の2Pサイドでプレイすることにしました。
以下、2Pサイドでプレイした俺の印象で話するので1Pの方は参考程度に・・・。

2・運指。

結構大事ですよ。

一般的に運指は固定と北斗に分かれています。
固定は指によって叩く鍵盤をだいたい決めておく運指。
北斗はテラフリーダムな運指。

完全固定は慣れると発狂譜面も取れるらしいです。
慣れるまで1~2年かかるそうですが・・・。
北斗は最初のうちは割とスムーズにクリアできますが、そのうち壁にぶち当たります。

なので、おススメは固定+北斗の運指です。

鍵盤を左下の白鍵から順に1~7の番号を付けます。
俺の場合、1~4番(ACだとたまに5番)が左手、4~7番+皿が右手担当です。

ちょっと運指を意識してやってみたら上達が早いかも?

3・いろんな曲をプレイする。

やはりデラが上達するためにはこれは重要です。
俺の場合、CS8th~GOLDまで家にあるのでかなりの曲数をこなしてきました。
やはりいろいろな曲をプレイしてみて、いろんなパターンの譜面をプレイしてみるのが大事でしょう。
レベル別フォルダを埋めていくというのもいい方法かも。

4・正規縛り。

俺がデラを始めたころ、正規譜面縛りで遊んでました。今は乱常備ですけどw
正規譜面だと必ず同じ譜面が降ってくるわけです。
ということは、苦手な譜面に出会った時徹底的に練習することもできるわけです。
俺は、初期のころBlame(HYPER)の1・2・7+1・2・6+1・2・5という左手酷使譜面が嫌いでした。
今も左手は弱いですけど←
正規縛りをすることによって、階段譜面やバスドラ刻み譜面などいろんな譜面がプレイできるわけです。
それに、段位認定は正規縛りですし。

5・段位別・曲別目標を立てる。

「あの段位をクリアしたい!」「あの曲をクリアしたい!」
などの具体的な目標があると上達も早いですよ。
初期のころ、俺は「ピアノ協奏曲第1番”蠍火”」のANOTHERをクリアしたいと思って頑張ってました。
まあ、蠍火はCSでならノマゲクリアしました^^

・・・と、まあ具体的に曲・段位目標を決めるといいと思います^^

6・HARDをつけることについて。

最初の頃は正直HARDはお勧めしません。
なぜなら、後々指に筋力が足りなくなるから。
最初のうちはまだ譜面も簡単で大丈夫ですが、☆9あたりになってくると余裕で1000ノーツ超えます。
約2分間で1000個も降ってくるんですよ?
それを正確に叩くなんて生半可な人間には真似できないです。

なので、確実にHARDで越えられる自信のある曲だけHARDに挑戦することをお勧めします。
え?俺?
最初からHARDつけて特攻してましたけど何か?←←

7・クリアラーとスコアラー。
前者はクリアのみを目標とする者。
後者はスコアをあげることを目標とする者。
俺はスコアラーです。

正直、どっちでも十段はいけます。俺の友人にはクリアラーな十段もいますし。
俺はHARD落ちして友人はHARDクリアしたのにスコアは俺の方が上っていうねw

まあ、スコアをあげるためには正確に多くのノートを拾わなくてはいけないので自然とクリア力もつくわけです。
スコアラーを目指すことをおススメします←

8・習うより慣れろ!

言葉だけ並べても自分でやってみなきゃ結局わからないわけで。
というわけで頑張れ!wwww
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

うぃw
細かいことは言わないけど、意識してやってみますwww
曲別目標?waxingのAAA←

因みに、いわれなくてもスコアラーなオレは左皿(ry

No title

っていうか勝手に高いスコア目指してたなw俺はw
プロフィール

れみりゃ@Vampire

Author:れみりゃ@Vampire
みのりんは俺の嫁。

ほぼ毎日ゲームフェスタミタマに出没するごく普通の高校生。

メインはデラ・ギタドラ・QMA。
たまにDDR。

基本的にオタ体質。
たいていのアニメ・ゲームネタは通用します。
音ゲー語れる人ならよりおk。

音ゲー
EMPRESS風 どらむ ぎたー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード